風俗で感染症を貰ってきた時はバルトレックスで治療

感染症はなるべく早い段階で発見をしたうえで必要な治療を行っていくことが必要になります。
感染症は放置していても自然治癒が見込めないものも多いため、そうした場合には必ず薬を投与するということになるでしょう。
さて、そうした感染症を治療する薬としてよく知られているもののひとつとなっているのがバルトレックスです。
バルトレックスは有効成分としてバラシクロビル塩酸塩を含み、体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換された上でウイルスに対処していくことになります。
感染症と言うとウイルスによるものというイメージがかなり広くありますから、風俗で感染症をもらってきた後にはバルトレックスを飲めば治療が出来るというように考えることもあるでしょう。
ですがしかし、風俗店で行われる性的接触を中心として感染が広がる感染症は一種類ではありません。
バルトレックスが特に高い効果を示すのはヘルペスと呼ばれる症状ですが、逆にクラミジアやカンジダといったような病気に対してはあまり効果を期待することが出来ません。
これはクラミジアは細菌によるもの、カンジダは真菌によるものだからです。
時折混同されることもありますがウイルスと細菌、真菌はすべて構造が異なりますから、全ての症状を一度に抑え込める薬と言うのはほとんど無いのです。
そのため風俗店で感染症をもらってきたからといって、すぐにバルトレックスを服用するべきだということにはなりません。
最近だと個人輸入などで簡単に薬が入手できるようになり、また通販サイトなどでは時折「性感染症にはバルトレックスが効果的だ」というようなことが書かれることもあるため誤解を持っている人が少なからず見られます。
こうした病気を治療するのであれば必ず専門の病院・クリニックで診察を受け、必要な治療に集中するようにしましょう。